Color Painting

Color Painting

画材の手入れ方法とは

絵画を趣味としている人にとっては、使用している画材の手入れについて気になるのではないでしょうか。
当たり前ですが、画材は使用する度に徐々に劣化していき、最後には買い替えなければならなくなります。
しかしその手入れの仕方次第では、長く愛用するといった事も可能であると言えます。
今回は画材の中でも、劣化が起きやすいとされる水彩筆について解説していきます。
まず水彩筆の洗い方についてですが、筆洗の汚れていない水で充分に汚れを落とします。
こうする事によって、しっかりと汚れが落せているかを目で確認出来る為であり、いきなり水道水で洗ってしまうよりも効果的であると言えます。
また水洗い以上にしっかりと洗浄したい場合には、洗剤を使います。専用のものを使ってもよいのですが、割と高額な為、一般家庭で使用されている洗剤などを代用する方が多いようです。
しかし、一般的には洗剤は洗浄力が強い為、却って筆先を痛めてしまう事にもなりかねないので注意が必要です。
そこで化粧落としが役に立つと言えます。
化粧落としであれば、洗剤ほどの強い洗浄力もなく、ピンポイントで汚れを落としてくれる為、便利だと言えます。

油絵の画材の手入れの基本

画材はちょっとした手入れが大切です。油絵の筆やパレットの手入れ方法についてみていきましょう。絵を描いた後の使った筆は、早めに洗うことが重要です。油絵のような画材は時間がたつと絵の具が固まり、こびりついて落ちなくなります。筆がカチンコチンに油絵の具で固まってしまいまい、使いものにならなくなります。フラットなパレットの場合は、固まっても絵の具をそぎ落とせば、意外ときれいに落ちることがあります。油絵の具には専用の洗浄液が用意されていますが、洗う前に古新聞等である程度、筆から絵の具を落としてから洗いましょう。この方が、洗浄液も汚れにくくなり、節約できます。洗浄液は水道管を痛めるので、水道にそのまま流してはいけません。火がつきやすい性質があるので、古新聞やボロ布等に洗浄液を吸わせてから水を浸した袋に密閉し可燃物として廃棄します。または、スーパー等で売っているてんぷらを固める処理剤を使って廃棄しましょう。

pickup

東京の賃貸事務所なら
http://www.zero-office.biz/

2017/3/31 更新